投資を始めるなら区分マンションと一棟マンションの違いを知る

メリットが多い

アパート

近年、投資物件として注目されているのがアパート投資です。新築の物件を利用する方が多いでしょう。また、地主や家主以外にも、サラリーマンやOLにも人気です。これは年金制度が崩壊したことがきっかけと言われており、自分の老後に必要な資金は自分で調達するという考え方が広まっています。金融商品は様々な集類がありますが、投資物件としてとても人気が高いアパートを利用するメリットについて勉強していきましょう。メリットとしてまず挙げられるのが、リスクの低さです。ローリスク・ミドルリターンがアパートの魅力と言われています。基本的にこの物件は不景気などの影響をあまり受けません。その為、家賃収入も安定しています。そして現代は低金利や地価、建築費などが安定していることから、投資物件を利用した投資を始めるには良い時代なのです。また、私的年金としても優秀でしょう。安全性が高いことがその理由です。公的年金が大きな問題となっていますが、将来年金が貰えなくなる可能性もあります。安定した収入が期待できるので私的年金を確保することで、老後も安心でしょう。また、建物自体を償却しても土地が残るのが投資物件のメリットです。償却したアパートの後には無担保の土地が残ります。この無担保の土地を売却することで利益を得ることができるでしょう。また、新しいアパートを建てることで利益を得ることもできます。生命保険の代わりになるのもメリットと言えるでしょう。投資物件のアパートは無償で残されて財産として扱えます。